妊娠・出産・育児の情報やお金について細かくご紹介しています。

Root : home > 妊娠初期メニュー > 母子手帳

サイトマップ

母子手帳もらい方

いよいよ母子手帳をもらいましょう。

妊娠初期

母子手帳はいつもらえるの?

母子手帳は赤ちゃんの心拍が確認されると、もらえます。

母子手帳はどこでもらえるの?

各市区町村の役場などで交付されています。
場所によっては役所や、保健センターでもももらえるようです。


母子手帳は何に使う?

妊娠中、問題がないかなどの先生が記入する経過報告ページを主に使います。
先生とママとの連絡用としても使います。


母子手帳をもらうのに必要なものは?

わたしの場合、印鑑・身分証明があればもらえました。
産婦人科から言われる前に、もらいに行ったのですが、後日産婦人科から「これを持って母子手帳取りに行くように」と、 妊娠経過が書かれている紙に、産婦人科の判子が押されたものを渡されました。わたしは、なくてももらえましたが、 こういった妊娠証明みたいなものが必要なところもあると思いますので、ご確認ください


母子手帳が必要なのは検診だけ?

検診のときはもちろん、外出するときも持って出かけましょう。また、上記のように、生まれてきたあとも必要となります。


 

母子手帳、お腹の赤ちゃん、双子だけど、一冊?

母子手帳は、赤ちゃん一人につき一冊なので、双子の場合は二冊です。


母子手帳、引っ越ししたら新しいものをもらう?

とくに、新しいものをもらわず、継続して同じ物を使うようです。
場所によって表紙のデザインなどが違う場合が多いですが、中身はほとんど同じなので問題はありません。


母子手帳は、いつまで使う?

生まれてくる赤ちゃんが育っていく中でも必要となります。生まれたあとも成長の記録、予防接種の記録など必ず必要となります。なくさないように気をつけましょう


母子手帳、おすすめカバー

汚れや、破れたりするのを防ぐためにも、母子手帳ケースをおすすめします。
わたしは、最初、ケースに入れてなかったため、後ろから3ページ目と4ページ目が破れてしまいました…。






↑ PAGE TOP