妊娠・出産・育児の情報やお金について細かくご紹介しています。

Root : home > 妊娠後期メニュー > 妊娠中毒症

サイトマップ

妊娠中毒症

妊娠後期

まず、大きく分けて、高血圧、尿蛋白、浮腫の3つです。

高血圧に関しては、検診時に毎回必ず血圧を計るので把握しやすいと思いますが、頭痛、耳鳴り、ほてりなど自覚症状が出たら、更なる注意が必要です。

蛋白尿は、腎臓機能が低下することにより、ママの体に必要なたんぱく質が尿として出てしまうこと。
こちらも検診時に毎回尿検査を行いますが、陽性が2回以上続くと注意が必要です。

浮腫は、簡単に言うとむくみのことです。
むくんでるな~と思った部分を指で押すと指の跡がつき、戻らなくなる状態の事です。
主に、足に出やすいので、むくんだかな~と思った時には押して見てください。


妊娠中毒症になる人

大体10人に1人の割合で妊娠中毒症になるようです。


妊娠中毒症になりやすい人

項目

・高齢出産
・多児妊娠
・塩分を取りすぎる人。
・妊娠する前から肥満の人
・妊娠中の増加が15㎏以上の人
・家系的に高血圧の人
・慢性腎炎の持病をもっている人
・糖尿病の持病をもっている人
・甲状腺機能障害の持病をもっている人





[←Home] | [↑このページの上へ][→浮腫(むくみ)へ]


↑ PAGE TOP